引きこもり 原因 理由 特徴

40歳を超えた大人の僕が引きこもる原因・理由

40歳を超えた大人の僕が引きこもる原因・理由について、説明します。

 

僕は、今まで、

通信制の大学に通ったり、色々なバイトをしてきたのですが、

現在、

バイトをやってはいるものの、引きこもりに近い生活になっています。

 

何故、40歳を超えた良い大人が、

引きこもりに近い、フリーター生活をやっているのかを考えてみると、

 

就職できるチャンスを逃してしまったというのがあります。

 

かつて、

僕が入社することを、

とってもとっても熱望されている社員さんがいるところで、バイトしていました。

 

そこでの面接で、

僕は、何故か、

就職できるなら就職した方が良いな」と、考えたものの、

「就職して頑張ろうと思います」の一言を言えず、

「しばらく考えたい」といったことを口にしてしまいました。

その結果、

就職できるチャンスを逃していしまい、

後悔してしまった・・・という経験があります。

 

何故、自分が想った通りのことを言えないのか・・・

僕は、

「回避性人格障害」という、障害を持っていました。

 

僕は、母親に否定ばかりされて育てられたため、

人格障害となってしまいました。

回避性人格障害の他に、依存性パーソナリティー障害もありました。

 

その障害のため、

なかなか、

自分の思ったことを言うのが難しい・・・

自分が思ったことを行動に移すのが難しい・・・

(自分が思ったことが正しいとしても、)自分が思ったことと反対のことが、正しいと思い込んでしまう・・・

 

女性に対してもそうです。

自分が本気になった女性を、取りに行くことができませんでした。

結局、何もできないまま、

結婚されてしまった・・・

 

今思うと、

自分がパーソナリティー障害であることの自覚が、遅すぎたと感じます。

自分がパーソナリティー障害であることは、数年前に気づきました。

もう少し早く気づくことができたら、

人生を変えることができたかもしれない・・・と感じます。

 

結局、

パーソナリティー障害の症状が、

就職するチャンスを逃す、

本気になった女性を取りに行くことなく結婚される、

という結果を招き、

40歳を過ぎた大人となっても、引きこもりに近い状態が続いていると、考えるのです。

 

しかし、

自分がパーソナリティー障害であることに気づいたら、

こっから頑張るしかないですね。

 

一応、

バイト先で知り合った女の子に声をかけて、LINE交換はさせてもらいました。

ただ、

やっぱり本気じゃない女の子のような気がする・・・

 

でも、

欲張っている年齢ではないです。

僕と同じアラフォー世代の引きこもりの男性のみなさん!

幸せに向かって、突き進んでいきましょう!