引きこもり 仕事 バイト 就職

仕事探しをする引きこもりの人に、おすすめバイトと選び方を紹介!

仕事探しをする引きこもりの人に、おすすめのバイトやバイトの選び方を、

 

元引きこもりで、

様々な精神・神経の病に悩まされ、不安や緊張・恐怖を感じることが多かったため、

同じような症状の引きこもりの人の気持ちが良く分かる、

 

40代フリーターの、人生積んだ感のある、僕が紹介します。

バイト歴0の人におすすめは日雇いバイト

仕事歴・バイト歴0なら、

思いついた仕事を何でもやってみると良いとは思います。

 

が、

 

思いついた仕事にチャレンジして、いきなり失敗して、クビにでもなったら、

「自分は、やっぱり働くことができない人間なのかな・・・」

と、精神的ダメージを被るかもしれないので、

 

仕事歴・バイト歴0の人に、

おすすめの仕事は、

登録制の日雇いバイトです。

 

日雇いバイトをやってみて、

まず、1日だけ働いて、給料をもらう

ことを目標にすると良いと思います。

 

引きこもっていて、バイト歴0の人は、

1日だけ働いて、給料をもらうという成功体験をして、

まず、自信を付けることをおすすめします。

 

日雇いバイトをクビになったらクビになったで、

他の場所の日雇いバイトをやれば良いだけです。

 

ですから、

とりあえず、1日だけ働いて、給料をもらうことを目標にしましょう。

 

日雇いバイトには、

  • 引っ越し
  • 梱包・検品・仕分けなどの軽作業
  • コンサート会場の搬入・搬出・警備スタッフ
  • 試験監督・採点

などの仕事があります。

 

コンサートと引っ越しは、

引きこもっていて、体力が落ちている人には、キツイはずです。

 

ですから、

バイト歴0の引きこもりの人は、

梱包・検品・仕分けなどの軽作業の仕事の、

日雇いバイトをやってみることをおすすめします。

コンサートはキツイ

コンサート会場の搬入・搬出・警備スタッフというのは、かなりキツイです。

色々なコンサート会場に行ける、色々なアーティストのコンサートを見れる、

ということを考えると、

引きこもり脱出には向いている仕事かもしれません。

が、

搬入・搬出の仕事は、

体力的には、とてもキツイ仕事です。

また、

お客様を、席に誘導するスタッフというのも、

体力的には、キツくはないのですが、

あまり対人スキルが高くないであろう、引きこもりの人がやると、

気疲れすると思われます。

 

このような理由で、

コンサート会場のバイトは、引きこもりの人におすすめしません。

 

しかし、

興味があるなら、1日チャレンジしてみても良いかもしれません。

コンサート会場の仕事を1日クリアして、給料を貰えたら、

引きこもりの人は、とっても自信が付くはずです。

引っ越しバイトもキツイ

引きこもりの人が引っ越しの日雇いバイトをするのは、キツイと考えます。

引っ越しバイトは、

やはり、力仕事です。

お客様の大切な家具・寝具・パソコン機材などを運ぶ仕事です。

パソコンを落として壊したりでもしたら、大変なことになります。

 

引きこもりの人は、体力的に衰えている人が多いです。

このことを考えると、

引っ越しの日雇いバイトはやめといたほうが無難と思われます。

 

引っ越しバイトで、魅力的なことは、

引っ越しの家具などの物量が少ないときは、

3時間くらいやって、日給の7~8,000円貰えるという、

運が良い日もあるようです。

が、

そんなの期待して、引っ越しバイトをやると、

期待を裏切られて、バカを見る可能性があります。

梱包・検品・仕分けなどの軽作業はおすすめ

梱包・検品・仕分けなどの軽作業の仕事は、

接客をすることなく、黙々と作業をする仕事ですから、

引きこもりの人に向いていると思われる、おすすめの仕事です。

 

梱包は、商品を荷造りする仕事、

検品は、商品の内容を調べる仕事、

仕分けの仕事は、

大きな段ボールに入った品物を、

お客様ごとなどに分けるため、小さな段ボールに分けていくという仕事です。

 

重たいものを持たないといけないとか、

走り回らないといけないとか、

あまり、そのようなことがないので、

楽な部類に入る仕事ですから、

バイト歴0の人は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

コンビニはおすすめしない

コンビニは、接客があるので、

対人スキルが高くないであろう引きこもりの人には、

向いていないところがあると思います。

 

また、引きこもりの人がコンビニで働く理由というと、

  • 近くで楽だから・・・

といった理由を挙げる人が多いです。

 

この、「近くで楽だから・・・」という理由で、

同じバイトをずっとやり続けるのは、

出会いが減り、人間が成長できないままとなってしまうので、

とてももったいないことです。

ずっと同じバイトをする人について

ずっと、何年もコンビニで働き続ける人がいます。

僕自身、引きこもり支援施設に通いつつ、コンビニで働き続ける人を見てきました。

 

やはり、

引きこもりの人の特徴として、

ずっと、一か所で同じバイトをやり続けるという傾向があるように思えます。

 

これだと、

さっさと就職して、正社員になった方が良いです。

その方が、経済的に有利になりますし、

男性の場合、

女を口説きやすくなり、結婚できる可能性が高くなります。

 

それなのに、

なぜ、ずっと同じバイトをやり続けるのでしょうか。

 

やっぱり、引きこもりの人には、

  • 自分の移動範囲を広げようとしない・・・
  • 良い女(男)との出会いを求めない・・・
  • 楽をしようとする・・・

こういった、ダメなところがあるように思えます。

 

カッコイイ男性、着飾って綺麗な女性は、

渋谷などの都会で働いて、

  • 自分の成長のために働く
  • 素敵な異性との出会いを求めて働く

ということをやっているように思えます。

 

若いうちは、せっかくフリーターをやるなら、

掛け持ちで、いろいろなバイトをやって、

  • 自分の成長のために働く
  • 素敵な異性との出会いを求めて働く

ということをやると良いと思います。

 

当然、20代後半になったら、

男性の場合、フリーターなんかやめて、正社員を目指すべきです。

結婚できる男になるためですね。

フリーターのまま結婚できる可能性はありますが、難しくなります。

ゲームテスター(デバッグ)の仕事はおすすめ

引きこもりで、ゲームばかりやっている人には、

ゲームテスター(デバッグ)の仕事がおすすめです。

 

ゲームテスターの仕事は、

発売前のゲームを実際にプレイし、

バグを見つけて、

パソコンを使って、バグを報告するという仕事です。

 

基本的に、パソコンを使って、バグを報告する仕事ですので、

あまり、

コミュニケーション能力がなくても、問題なくできる仕事です。

 

ですから、

コミュニケーション能力があまり高くない、引きこもりの人に、

おすすめの仕事です。

引きこもりの人を積極採用するデバッグ会社 デジタルハーツ

有名なデバッグ会社に、デジタルハーツという会社があります。

デジタルハーツは、

引きこもりの人を、社会復帰させるという意味で、

積極的に、引きこもりの人を採用している会社です。

 

普通、ゲームテスターの仕事は、

平日毎日あるものですが、

デジタルハーツは、

引きこもりのため、毎日働くことが困難な人のために、

週2日からOKとしています。

 

また、

バグを良く見つけられる、成績優秀な人は、

正社員になれるチャンスがあります。

 

デジタルハーツは、

元々引きこもりで、バイトから正社員になった人がいっぱいいる会社です。

 

ゲームが好きな人は、迷わずやってみると良いと思います。

ゲームが得に好きではないという人も、問題なくできる可能性があるので、

興味があったらチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

働ける自信がないのなら、就労移行支援サービスを

長い期間引きこもりになってしまって、

精神的・神経的な病で、恐怖や緊張などを感じてしまい、

どうしても、自分で仕事を探せない、選べないという人は、

就労移行支援サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

 

働けないまま、引きこもっていると、どんどん年齢だけ重ねる結果となってしまい、

男性は特に、結婚が不利になっていきます。

 

ですから、

男性は、なるべく早く、就職して、

女を口説く武器と、一家を支える経済力を付けることをおすすめします。

就労移行支援【パーソルチャレンジ・ミラトレ】
▼▼ ▼▼ ▼▼ ▼▼ ▼▼ ▼▼


仕事探しをする引きこもりの人にアドバイス まとめ

仕事探しをする引きこもりの人に、バイトの選び方をアドバイスをします。

仕事探しをする引きこもりの人へ
  • 仕事歴・バイト歴0なら、仕分けなどの軽作業の日雇いバイトをやって、1日働いて給料をもらうことで、自信を付けることをおすすめ!
  • 同じバイトをやり続けるのなら、さっさと正社員になることをおすすめ!
  • 若いうちは、なるべく色々なところでバイトをすることをおすすめ!
  • ゲームテスターの仕事はおすすめ! デジタルハーツは、引きこもりの人を積極採用するからおすすめ!
  • 不安や恐怖を感じて働けない、自分で仕事を選べないなどで、時間ばかり過ぎているのなら、就労移行支援サービスを利用して正社員になることをおすすめ!