引きこもり 仕事 バイト 就職

引きこもり 仕事の面接をどのように説明するか

引きこもり期間がある場合、仕事の面接で、どのように答えればよいか、

不安を抱えている人に、その対策を記述します。

面接を重視しないバイトを始めれば良い

引きこもり期間があって、

面接でどのように引きこもり期間を説明したら良いか・・・

そんなこと、心配する必要ありません。

 

まず、

登録制の日雇いの仕事を始めれば良いです。

 

日雇いの登録制の仕事なら、

面接なんて、ないようなものです。

 

登録会に参加して、

履歴書を提出して、登録完了です。

 

人材派遣会社というものは、

とりあえず、

誰でもいいから人手が欲しいところが多く、

面接なんかしないで、採用してしまうところが多いです。

バイトから正社員を目指す

正社員として、働きたいが、

引きこもりの期間があって、

面接で、不採用となってしまう・・・

というのなら、

 

バイトから正社員登用有りの仕事をやると良いです。

 

そうすれば、

 

バイトの仕事を一生懸命やることで、

仕事ができるところを、

会社に証明すれば、

正社員にさせてもらえるはずです。

引きこもりを積極採用しているデジタルハーツ

デジタルハーツという、デバッグ会社は、

引きこもりの人を、社会復帰させるという意味で、

積極的に採用しています。

 

デバッグというのは、ゲームテスターとも呼ばれる仕事で、

発売前のゲームを実際にプレイし、バグを見つけて、報告するという仕事です。

 

デジタルハーツでは、

元引きこもりで、バイトから正社員になった人が多くいます。

 

面接で落とされるなんてことはなく、

引きこもりでも、

問題なく、採用されるので、

デジタルハーツのデバッグ(ゲームテスター)のアルバイトに、

興味があったら、応募してみてはいかがでしょうか。

 

頑張って、バグをたくさん見つけられるようになったら、

デジタルハーツの正社員になれるチャンスもあります。

人気がある面接重視の仕事は諦めるのが良い

例えば、

東京ドームの、

プロ野球のボールボーイとか、マスコットガールとか、

人気があって、倍率が高いバイトというのは、

面接を重視します。

 

引きこもり期間があると、

やはり、人間的に問題があると判断され、

面接重視の仕事は採用されにくいです。

 

無理に、

できないことをやろうとすると、辛くなります

 

自分ができることを探して、

それをやっていけば、必ず道は開けていきます。

どうしてもやりたい仕事があるなら・・・

どうしても、

面接重視の採用倍率が高い、

プロ野球のボールボーイの仕事がやりたい・・・

 

というのなら、

引きこもりの期間があっても、

ダメ元で、応募してみた方が良いです。

 

そして、

ダメ元で、面接のとき、

空白の時間を、正直に「引きこもっていました」

と答えるようにすると良いです。

 

とは言え、

何か、セールスポイントがあった方がいいです。

  • 高校時代野球部だった
  • プロ野球を見るのは大好き

こういった、

セールスポイントを用意しておいて、

「どうしても、この仕事がやりたい」という気持ちを、

面接で伝えるようにしておくことが、

引きこもりの人が、倍率の高い仕事に合格するための秘訣です。

引きこもり 面接をどうしたら良いか まとめ

引きこもり 面接をどうしたら良いか
  • 面接がない、登録制のバイトをやる。
  • 正社員登用有りのバイトをやって、正社員を目指す。
  • デジタルハーツは、引きこもりを積極採用している。
  • 面接重視の採用倍率の高い仕事は、諦める。
  • どうしても、面接重視の採用倍率の高い仕事があるなら、
    面接で、空白の時間は「引きこもっていた」と正直に答え、
    「どうしても、この仕事がしたい」という気持ちを伝えられるようにしておく。
    面接官に、熱意が伝われば採用されるかもしれない。