引きこもり 仕事 バイト 就職

引きこもりで人見知りしてしまう人に向いている仕事

引きこもりで人見知りしてしまう人に向いている仕事を紹介します。

無理に人見知りを治そうとして接客をすることはない

よく、人見知りを治したくて、

レジなどの接客を、自分から進んでバイトをする人がいます。

 

自分の弱点を克服しようとすることは良いことではあるのですが、

仕事は、無理に自分の苦手なことをやる必要ありません。

 

人見知りを治したければ、

仕事ではなく、

  • 趣味のサークル
  • 団体旅行
  • 飲み会

などに参加して、

楽しい時間を過ごしながら、人見知りを治していけば良いと考えます。

 

人見知りであるなら、

人と関わらない、黙々と作業する仕事をやったうえで、

趣味のサークル、団体旅行、飲み会などに参加して、

人と会うようにしていけば、

そこで、

自分の仕事を、誰かに言う機会が訪れるかもしれません。

 

黙々と作業する仕事をやっているからといって、

全く劣等感を感じる必要はありません。

黙々と作業する仕事やることで、

世の中で活躍しているのですから。

 

黙々と作業する仕事をやることで、

プライドを持ち、

自分の仕事を、誰かに言う機会が訪れたとき、

男性なら特に、女性を口説くための、武器になります。

 

ですから、

人見知りを治そうとして、接客の仕事を選ぶ必要は全くないのです。

自分ができる仕事をやってプライドを持つこと

人見知りを治したい・・・

だから、接客をやるだと、

 

仕事をやる目的が、

自分の人見知りを治すこと、になってしまいます。

 

ちょっと、このような考えはまずいのです。

世のため人のためではなく、

自分のために、仕事をやっている状態のわけですから。

 

仕事というのは

世のため人のためにやることであって、

自分の、病やコンプレックスを治すためにやるものではありません。

 

ですから、

人見知りであるなら、

人と関わらない仕事を選べば良いだけです。

 

あるデータがあります。

なぜ、飛行機の仕事では、

パイロットが圧倒的に男性が多くて、

接客乗務員が圧倒的に女性が多いのか、

という疑問を調べた人がいて、

 

それは、(一般的に、)

男性は、黙々作業する仕事が得意で、

女性は、接客をする仕事が得意、

というデータがあったからです。

 

だから、

男性は、自分からパイロットの仕事をやりたがり、

女性は、自分から接客乗務員の仕事をやりたがるのです。

 

つまり、

結局みんな、

自分が得意な仕事を、自分で選んでやっているのです。

 

無理に、

自分が苦手な仕事を選ぶのは、不自然なことなのです。

 

「私は、人見知りだから接客の仕事をやっています。」

と言うのは、やっぱり変ですよね。

 

人見知りで接客が苦手なら、

素直に、人と関わらない仕事を選べば良いのです。

引きこもりで人見知りする人におすすめの仕事

引きこもりで、人見知りをしてしまう人におすすめな仕事は、

黙々と作業する仕事がおすすめです。

 

例えば、

倉庫で、仕分けや梱包といった、軽作業の仕事が、

引きこもりで、人見知りする人におすすめです。

 

とは言え、

大工さんのような仕事は、

人と合わないという意味では良いのですが、

引きこもりの人だと、足腰の筋力が衰えているはずですので、

肉体的にキツイと思われます。

 

ですから、

引きこもりで、人見知りする人におすすめな仕事は、

  • 人と合わない
  • 肉体的にきつくない

仕事となります。

 

例えば、

  • フォークリフト操縦士
  • トラックドライバー
  • データ入力
  • 介護
  • ゲームテスター(デバッグ)
  • プログラマー
  • トレーダー
  • アフィリエイター

などが、

引きこもりで人見知りする人に向いている仕事と言えます。

 

ただ、

上記のトレーダーとアフィリエイターは、

必ず、稼げるとは限らないため、

仕事にするためには、

トレーダーやアフィリエイターとして稼いでいくための、

それ相当の職能が必要となります。

どうしても働けないなら・・・

精神・神経的な病があって、

対人恐怖を感じたり、

仕事をすることに対して不安や恐怖を感じたりして、

引きこもりで、人見知りで、

どうしても、仕事をすることができないというなら、

就労移行支援サービスを利用することをおすすめします。

 

就労移行支援サービスは、

うつ病や、発達障害など、精神・神経の病を患って、働けないという人の、

就職を支援するサービスです。

 

不安や恐怖を感じて働けず、

長期間、引きこもっていて、人見知りであるという人も、

就労移行支援サービスを利用することができるはずです。

働く未来をあきらめない就労移行支援【パーソルチャレンジ・ミラトレ】
▼▼ ▼▼ ▼▼ ▼▼ ▼▼ ▼▼


引きこもりで人見知りする人はどうしたら良いか まとめ

引きこもりで人見知りする人はどうしたら良いか
  • 人見知りを治そうとして、無理に接客の仕事をやる必要はない!
  • フォークリフト操縦士や、パソコンに向かって黙々作業する仕事など、人と合わない仕事をするのがおすすめ!
  • 黙々作業する仕事をやったら、サークル、飲み会など、積極的に参加して、人見知りを治しにいくことをおすすめ!
  • 不安や恐怖を感じて、どうしても働けないという人は、就労移行支援サービスを使うことをおすすめ!