引きこもり 仕事 バイト 就職

引きこもり バイトの面接の予約の電話が怖くてできない 解決法

引きこもりで、バイトの面接の予約の電話すら、怖くてできなかった僕、

どうしたら良いかを、説明します。

抗不安薬を飲む

僕は

バイトの面接の予約の電話も、

怖くてなかなかできなかったのですが、

 

抗不安薬「セパゾン2mg」を飲んで、電話をすると、

不安も恐怖も、あまり感じず、

普通に、

電話で、バイトの面接の予約ができたことを覚えています。

 

ただ、

抗不安薬は、依存性があって、

あまり飲まない方が、体には良いです。

 

ですから、

抗不安薬を飲んで、

電話でバイトの面接の予約をしたのは、

1回か2回だけにしておきました。

 

一度、

電話でバイトの面接の予約ができたら、

自信がついて、

二度目以降、

抗不安薬に頼らず、

電話でバイトの面接の予約ができるはずです。

 

試してみてください。

敬語を使う

引きこもりの人は、

人付き合いが少ないため、

言葉の使い方ができていない人が多いイメージです。

 

年齢的に良い大人なのに、

敬語ができていない・・・ということです。

 

電話で、ため口を使って話したら、

怒られてしまう可能性があります。

 

ひょっとすると、

電話で、知らず知らずのうちに、ため口を使ってしまって、

それで

怒られた経験があって、

電話が怖い・・・

と感じているのかもしれません。

 

だから、

バイトの面接の予約の電話を怖いと感じてしまっている、

可能性があります。

 

バイトの面接に限らず、

例えば、

  • 美容院の予約
  • 日焼けサロンの予約
  • 焼肉屋の席の予約

など、

ため口を使って、話すことは、おかしなことです。

 

ちゃんと、

電話で、敬語を使って、話せていますか?

 

敬語を使って話すようにすれば、

電話なんか、何も怖いことではありません。

電話でため口を使う親の影響を受けている可能性

親が、

電話で敬語を使わず、ため口をつかって話していたら、

子供は、

それを真似して、

電話で敬語を使わず、ため口をつかって話すようになってしまう可能性が高いです。

 

親は、

電話で、ため口を使わず、敬語を使って話せていますか?

 

もし、

親が、電話でため口を使っているのなら、

要注意です。

 

電話で敬語を使わない親を反面教師にして、

自分は、電話で敬語を使うようにしましょう。

怖いからといって電話をかけないままだとどうなるか

怖いからといって、

バイトの面接の予約の電話をかけないままだと、

どうなるかを考えてみましょう。

 

このまま、ずっとずっと、引きこもりが続いてしまいます。

 

このまま、ずっとずっと、引きこもりが続く人生なんて、

嫌ですよね。

 

正直な気持ち、

好きな人と結婚して、幸せになりたいですよね。

 

バイト以外に、何かやるべきことが見つかれば良いのですが、

何もやるべきことが見つからず、

バイトをやろうと思っているけど、電話がかけられない・・・

という状況が続いてしまうと、

ただただ、無駄な時間を過ごしてしまいます。

 

これでは、

引きこもりが続いてしまい、男性の場合、結婚なんて不可能となります。
(※女性なら、引きこもりでも家事手伝いと言えるため、結婚できる可能性があります。)

引きこもり脱出をし、結婚できるようになるため、

今できること・・・

すなわち、

電話で、バイトの面接の予約を入れるをやってしまいましょう!

 

このくらいのことできないようじゃ、

男性の場合、特に、

「頼りない」と言われてしまって、

結婚なんか、できませんよ!!

 

もし、バイト先に気になる異性の人がいたら、

LINEで友達になっておくと良いですよ・・・

 

バイトすることが人生の目的ではないはずです。

好きな人と、結婚できる未来を作るために・・・