引きこもり 仕事 バイト 就職

引きこもり バイト 受からない 対処法!

引きこもりで、バイトの面接が受からない場合の対処法について、説明します。

日雇いなどの派遣バイトの登録をする

引きこもりでバイトの面接が受からないという人は、

 

日雇いなど、派遣バイトの登録をすると良いです。

派遣バイトの登録は、

過去の職歴や学歴などは、ほぼほぼ気にされることはありません。

 

ですから、

引きこもりで、何もしていない空白の期間があろうと、

普通は、採用されます。

派遣バイトの登録で落とされないために

派遣バイトの登録で落とされないために、

どのようなことに気を付けたら良いでしょうか。

 

基本的に、

  • 服装・身だしなみを整える
  • 敬語を使って話す

この2つだけ気にすれば、

大抵の派遣会社の登録で採用されます。

 

夏だったら、

  • 新しい白のTシャツ
  • 新しいジーパン
  • 新しい白か黒のスニーカー

こんな感じで、清潔感のある恰好をして、

整髪料をつけて行けば、良いと思います。

 

冬だったら、

  • 新しい黒のセーター
  • 新しいジーパン
  • 新しい白か黒のスニーカー
  • 新しい白か黒のダウンジャケット

こんな感じの恰好で良いと思います。

倉庫内軽作業の仕事を1日やってバイト歴を作ろう

派遣バイトには、コンサートの仕事もありますが、

コンサートの仕事はキツイです。

 

仕分けや梱包を行う、倉庫内軽作業の仕事がおすすめで、

倉庫内軽作業の仕事を1日だけやって、

バイト経験を作っちゃいましょう!

 

そうすれば、

履歴書のバイト歴のところに、

倉庫内軽作業の仕事を記述できるようになるため、

多少は、

引きこもり歴があっても、

今後、バイトに受かりやすくなるかと思います。

引きこもりを積極採用している会社に応募する

デバッグ会社のデジタルハーツは、

引きこもりの人を社会復帰させるという意味で、積極採用しています。

 

デバッグとは、

発売前の新作ゲームを実際にプレイして、

ゲームのバグを見つけて、パソコンを使って、

文字を打って報告をするという仕事です。

 

デバッグの仕事をやる人のことを、ゲームテスターと言います。

 

デジタルハーツでは、

大抵、平日毎日あるデバッグの仕事を、

引きこもりで、毎日就労する人のために、

週2日からでもOKとしていて、

全くバイト経験がない人でも、働きやすい環境を提供してくれています。

 

興味があったら、

デジタルハーツの、デバッグの仕事(ゲームテスター)に応募してみてはいかがでしょうか。