引きこもり 仕事 バイト 就職

引きこもり オタク おすすめの仕事!

引きこもりでオタクの人に、

おすすめのお仕事を紹介します。

ゲームオタクにおすすめのお仕事

ゲームオタクの人に、

おすすめの仕事は、

  • ゲームテスター
  • ゲーム実況者

の2つがあります。

ゲームオタクにおすすめ ゲームテスター

もし、引きこもりで、

1日中、ゲームをやり続けているという、ゲームオタクの人に向いている仕事は、

ゲームテスター(デバッグ)です。

 

ゲームテスターのお仕事は、

発売前の新作のゲームを実際にプレイし、

バグを見つけて、報告するというお仕事です。

 

ゲーム好きなら、天職ともいえる職業と思われます。

 

デジタルハーツという会社が、有名なデバッグ会社で、

ゲームテスターのアルバイトを募集しています。

 

デジタルハーツは、

社会復帰させるという意味で、

引きこもりの人を、積極的に採用するようにしている会社です。

 

また、

デジタルハーツは、

引きこもりの人で、

平日毎日働くのが困難な人のために、

本来、

ゲームテスターの仕事は、

平日毎日あるのが普通であるにもかかわらず、

週2日からOKとしています。

 

さらに、

デジタルハーツは、

バグをたくさん見つける、

成績優秀な人は、

積極的に、

契約社員、そして正社員にしています。

 

ですから、

デジタルハーツは、

元引きこもりの正社員もたくさんいるのです。

 

ゲームテスターのお仕事に興味があるなら、

デジタルハーツのホームページから、応募してみてはいかがでしょうか。

ゲームオタクにおすすめ ゲーム実況者

ゲームオタクなら、

ゲームテスターも良いですが、

ゲーム実況者の方が、向いているかもしれません。

 

ゲームテスターは、会社で勤務しないといけないので、

引きこもりの人は、

会社に毎日通うのが大変と感じる人がいるかもしれません。

 

が、

ゲーム実況者なら、

引きこもったまま、いつでも、できる仕事です。

 

しかも、

ゲームテスターは、

会社が定めたゲームを担当しないといけないのに対して、

ゲーム実況者は、

自分がやりたいゲームができるというメリットがあります。

 

ただし、

ゲームテスターは、

仕事をしたら、必ず、給料が貰えるのに対して、

ゲーム実況者は、

必ず、稼げるというわけではありません。

 

しかし、

人気のゲーム実況者になったら、

サラリーマンの10倍以上のお金を稼げる可能性があります。

 

人気ゲーム実況者といえば、

  • 兄者弟者さん
  • きよさん
  • ヒカキンさん

などなど、たくさんいます。

 

やっぱり、

ゲーム実況者で人気が出る人は、

  • 実況が面白い
  • 動画が面白く編集されている

人かと思います。

 

どうせ、引きこもって、何もしていないのなら、

人気ゲーム実況者を目指してみてはいかがでしょうか。

テレビアニメオタクにおすすめの仕事

テレビアニメオタクなら、

  • 声優
  • アニメーター

の2つお仕事がおすすめです。

 

テレビアニメの絵を制作できるほどの職能がなくても、

ある程度、絵が上手かったら、

  • 似顔絵

でお金を稼ぐこともできます。

テレビアニメオタクにおすすめ 声優

引きこもって、テレビアニメばかり観ている人は、

声優の仕事を目指してみてはいかがでしょうか。

 

先ほど紹介したゲームテスターは、

アルバイトですから、結構簡単になれますし、

 

ゲーム実況者は、

不採用などがないので、誰でもなれます。

 

が、

 

声優になるのは、かなり難しいです。

 

まず、

声優の声優の学校に通うべきでしょう。

 

YouTubeに、

ドラゴンボールのベジータの声の、堀川りょうさんが、

声優の学校で、講師として、

生徒さんたちを指導している動画がありましたが、

やはり、

とても、厳しく指導されていました。

 

ゲームテスターは、

やってみたいという気持ちがあれば、やれるところがありますが、

 

声優は、

本気にならないと、まずなれない、

本気になっても、なれない可能性がある、

倍率の高い仕事です。

 

そりゃそうですよね。

今の声優さんは、

歌って踊って、アイドルのような仕事をされていますから。

 

声優になるのは難しいですが、

 

引きこもって、何もしないなら、

何かを本気で目指した方が良いのは、確かなことです。

 

たとえ、

声優になれなくても

何かを本気になっている姿は、他人から見ると、カッコ良く見えます。

少しモテルようになります。

テレビアニメオタクにおすすめ アニメーター

テレビアニメオタクなら、声優の他に、

アニメーターの仕事があります。

アニメーターの仕事は、

テレビアニメの絵を描く仕事となります。

 

当然、

仕事になるほどの、絵の上手さが必要となります。

 

絵が上手く描けるというのなら、

アニメーターを目指してみてはいかがでしょうか。

アニメーターは無理でも・・・似顔絵で稼ぐ

アニメーターは無理でも、

似顔絵を描いて、それを売って、お金を稼ぐという仕事もあります。

 

似顔絵を描くという仕事は、

アニメの会社に所属していない

素人でもできることです。

 

ネットがない時代は、

そこら辺の路上で、

似顔絵を描いて、稼ぐのが一般的でしたが、

 

近頃は、

ココナラというサイトで、

似顔絵を描いて、稼ぐことができます。

 

インターネットのおかげで、

路上で、通りすがりの人だけが、お客さんになるのではなく、

世界中の人を、お客さんにすることができるようになりました。

 

もし、

似顔絵に自信があるなら、

ココナラで、自分の似顔絵を宣伝して、

似顔絵を描くお仕事をやってみてはいかがでしょうか。

アニメやフィギュアを売る会社で働く

とくに、

  • ゲームが得意でも好きでもない
  • テレビアニメの声優や絵を描く仕事なんかできやしない

というのなら、

アニメやフィギュアを売っている会社で働くのが良いかもしれません。

 

アニメイトのようなところで、

働くのを目指すと、良いかもしれません。

引きこもりオタクをやめて、働く

引きこもりオタクをやめて、

普通のサラリーマンを目指すというのもありです。

 

自分は、オタクだから働けない・・・

と思っていては、

本当に、いつまでたっても、働けないままです。

 

まず、どこかに就職することをおすすめします。

 

ちゃんと仕事をしたうえで、

好きな、アニメやゲームは、

休日や、アフターファイブに、

見るなり、やるなりすれば良いです。

不安や恐怖でどうしても働けないなら・・・

不安や恐怖を感じて、

どうしても、働くことができない、

引きこもりを脱出できないというのなら、

就労移行支援サービスを利用すると良いです。

 

就労移行支援サービスは、

うつ病や発達障害のような、精神・神経の病を患っている人の、

就職を支援するサービスです。

 

不安や恐怖で、

長期間引きこもりが続いていて、

働きたくても働けないというのなら、

就労移行支援サービスを利用できるはずです。

 

オタクでも、仕事はした方が良いです。

仕事を始めたら、婚活が待っています。

働く未来をあきらめない就労移行支援【パーソルチャレンジ・ミラトレ】
▼▼ ▼▼ ▼▼ ▼▼ ▼▼ ▼▼