引きこもり 脱出

引きこもり脱出方法!(男性向け)

親の育て方、家庭環境が悪く、

引きこもりという症状以外にも、

不安・強迫神経症、躁鬱症状、依存性・回避性パーソナリティー障害、対人恐怖症、いじめPTSD、一人で行動できないなど、

様々な、精神・神経的な病になってしまい、

引きこもりとなった僕が気づいた、

引きこもり脱出方法を紹介します。

 

まず、

僕の引きこもり脱出のきっかけについて、お話し致します。

僕の引きこもり脱出のきっかけとは

気弱で、外を歩くことすら恐怖を感じるほど、内向的な人間であった、

元ひきこもり男の僕が、何故ひきこもり脱出をしようとしたのか・・・

 

それは、すでに恋をしていたからです。

幼馴染の女の子に、すでに恋をしていたため、引きこもっていてはいけないと思ったのです。

 

だから、ひきこもっていてはいけないと思っていた・・・。

だから、ひきこもり支援施設なんかに通っちゃいけないと思っていた・・・。

だから、良い男になって、好きな女の子と付き合いたかった・・・。

 

僕が引きこもり脱出しようとしたきっかけは、

僕に恋させてくれた女の子でした。

(僕が考える)引きこもりとは・・・

恋をさせてくれた女の子が引きこもり脱出きっかけとなったという、

僕の経験から、はっきり分かっていることがあります。

引きこもりとは・・・

  • 恋愛をしようとしていない人
  • 恋愛をしたとしても、その子を取りに行こうとしない人

のことを言うと考えます。

 

僕の主治医の、斎藤環医師の引きこもりの定義とは、異なりますが、

 

僕は、

社会参加していようが、

精神障害が原因で引きこもりとなっていようが、

独身なのに、女を取りに行かない、草食系男子は引きこもりと考えます。

 

例え、会社で正社員として仕事をしていても、

例え、経済的自立を達成し、一人暮らしをしていたとしても、

好きな女を取りに行かず、

草食系男子をやっていたとすれば、

それは引きこもり同然です。

 

女を意識せず、女との出会いを期待せず、

全く、おしゃれをしない・・・

「ダサい」と言われても、ずっと同じ服を着ている・・・

全く、髪型を整えない・・・

毎日、寝ぐせを付けたまま、出社している・・・

 

このような、男は

例え、毎日会社に通っていたとしても、

引きこもり同然です。

 

なぜなら、

良い女に向かって、動いて行っていないのですから

こんな男は、

家にいようが、外にいようが、引きこもりと考えます。

 

逆に、

ユーチューバーなど、家でネットビジネスをやって、お金を稼いで、

大金を稼いで、良い女を取りに行こうとしていて、

ツイッターなどのSNSの自己紹介のところに、

アマゾン欲しい物リストをさらして、そこにチョコを入れていたら、

バレンタインデーにたくさんのチョコレートが送られてくる男は、

家に籠って、仕事をして、家の中にばかりいたとしても、

それは、引きこもりとは言えないと考えます。

 

つまり、

  • 毎日会社に出社しても、良い女を取りに行っていない草食系男子は引きこもり
  • 良い女を取りに行こうとしている肉食系男子は家にいることが多くても引きこもりとは言えない

と考えるのです。

良い女と結婚できるよう、自立を目指す

引きこもりから脱出するためには、

まず、

自立することを目指すべきです。

 

例え、好きな子ができたとしても、

自立していないと、その子と結婚なんて、到底難しいこととなります。

 

まあ、若いうち、20代前半までだったら、

親のすねをかじって、大学生をやっても良いかもしれません。

大学生をやって、出会いを多くつくり「遊び」をやっといた方が良いかもしれません。

 

が、

20代後半になってくると、

「自立していない=結婚できない男」と、評価され、

好きな子に告白しても、「ごめんなさい」の答えが返ってくるのがオチとなります。

そうして、

出会いなんか作る前に、自立をしないといけない・・・ということに気づかされることになります。

 

実家を出て、家賃や生活費を全て自分で払ってやっていく、経済的自立を目指しましょう

引きこもりの人に向いている仕事

引きこもりになる人は、

大抵、内向的で、接客など人と対面する仕事は苦手かと思われます。

 

逆に、

パソコンに向かって作業を続けるような仕事がとってもとっても向いていると思われます。

 

できれば、

高収入で、女性との出会いの多い仕事を選ぶ方が、幸せになりやすいかとは思われます。

 

ですが、

無理に、自分が苦手の仕事をすることはありません。

 

まず、

自分ができる仕事をやって、自立することを目指しましょう!

 

自立に成功したら、結婚できる可能性が高くなります。

逆に、

自立できないと、結婚は難しい・・・ということになります。

 

ですから、

高収入で、女性との出会いが多い仕事なんてことを考えずに、

自分ができる仕事を選ぶようにすると良いです。

精神的な病で、引きこもり脱出できないという人へ

良い女と結婚できるよう、自立を目指すと言われても、

対人恐怖症や、パーソナリティー障害、不安・強迫神経症、躁鬱症状など、

精神・神経の病だから、

怖くて働けない・・・

引きこもりから脱出できない・・・

と言っている人に、僕から質問をしたいと思います。

以下の質問に、素直に考えてみてください。

 

「本当に、精神的な病のせいにして、引きこもりを続けていていいのですか?」

「このまま一生を終えていいのですか?」

 

間違いなく、答えは「いいえ」だったはずです。

 

精神的な病のせいにして、引きこもりを続ける人は、

先ほど、僕が説明した、「引きこもり」というものを、素直に認めるようにして欲しいです。

すなわち、

  • 肉食系男子は、引きこもりではない
  • 草食系男子が、引きこもり

このことを素直に認めて、

本気で、良い女を取りに行く努力をするようにしましょう!

そのために何をやるべきか。

  • 出会いを多く作ること
  • 男を磨くこと(良い服を着る・財力を付ける・自立する・筋トレをするなど)

です。

 

幸せになりたいなら、今幸せでないことを、今引きこもっていることを、

精神的な病のせいにしないことです。

病に負けずに、

  • 出会いを多く作る
  • 男を磨く(まず自立)

ことが、幸せになることと、引きこもり脱出することの条件となると考えます。

精神的な病で就職できないなら就労移行支援サービスを!

対人恐怖症とか、神経症とか、パーソナリティー障害とか・・・

精神的な病のため、怖いなどの理由で、仕事ができないという人は、

就労移行支援サービスを利用して、就職を目指すと良いと思います。

 

精神的な病のせいで、引きこもりを何年も続けていては、

このまま、

ずっと引きこもりのまま人生を終えてしまう・・・ということになってしまいます。

引きこもりのまま人生を終えるのは、本意ではないはずです。

 

なるべく早く、なるべく若いうちに、

就労移行支援サービスを利用して、就職した方が、幸せになれる可能性が高くなります。

就職したら、次は婚活が待っています!

就労移行支援【パーソルチャレンジ・ミラトレ】
▼▼ ▼▼ ▼▼ ▼▼ ▼▼ ▼▼


出会いを少しでも多く作るようにしよう!

就職したら、

「私は、この仕事をやっています。」

と、言うことができて、女性を口説く最大の武器ができることになります。

なるべくたくさんの素敵な出会いを作って、

なるべく良い女と結婚するという目標に向かって、突き進んでいきましょう。

引きこもりになるような内向的な男性の出会いの作り方

引きこもりになるような、内向的な男性の出会いの作り方は、

サークルのようなたまり場に入ること

と考えられます。

内向的な男性が、

  • 街でナンパ
  • 飲み屋でナンパ

というのは、難しいはずです。

ですから、たまり場に入ると良いです。

たまり場に入れば、

「まず友達になる→それから恋人になる」

という段階を踏んで、彼女を作ることが可能となります。

 

そうそう、スマホにLINEアプリは入れておきましょう。

女の子との交際は、LINEで連絡を取り合うのが、今の主流ですよ。

 

ですから、気になる女の子がいたら、

LINEで友達になってもらうようにしましょう!

内向的な男性におすすめの出会いの場

内向的な男性におすすめの出会いの場を紹介します。

  • 通信制大学
  • 習い事(とくに音楽)

この2つの場所が良いかと思われます。

通信制大学

通信制の大学は、内向的な男性におすすめの出会いの場です。

通信制大学は、仕事をしがなら大学に通う人が多いです。

現役の人もいますが、20代後半から40代くらいの人も多くいます。

仕事をして、ちゃんとしている人なら、40歳くらいの人でも彼女を作れます。

実際に、作った人を何人も知っています。

 

僕は、日大の通信制大学に通いましたが、とても楽しかったです。

日大の通信制大学は、

毎月、各都道府県で、親睦会という名の飲み会が開催されます。

他にも、スキー旅行や温泉旅行なんかにも参加しました。

あと、ヨーロッパ旅行もあって参加しました。


↑パリで、エッフェル塔を観たり、



↑パリで、ノートルダム大聖堂を観たり、


↑パリで、ルーブル美術館を観たり、


↑イタリアでピサの斜塔に登ったり、


↑イタリアサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院で最後の晩餐を観たり、


↑イタリア トレビの泉を観光したり、


↑イタリア コロッセオを観光したり、

 

とってもとっても良い経験ができました。

けっこう、

彼氏彼女を作ろうとして、通信制大学の飲み会に参加する人が多いので、

彼女は作りやすいです。

超おすすめです!

 

ひきこもりの人は、卒業できる自信がなくても、通信制大学に入ってしまうと良いかもしれません。

卒業しなくても、人と出会うことで、

自分が成長できるし、自分の未来が幸せなものとなっていく可能性があります。

通信制大学 資料請求!【無料】
▼▼ ▼▼ ▼▼ ▼▼ ▼▼ ▼▼


習い事

習い事を始めて、出会いを作ることも、

内向的な男性におすすめの、出会いを作る方法です。

ただ、

格闘技のような、男性ばかりやっている習い事を始めても、

異性との出会いは、それほど望めません。

まあ、自信を付けるという意味で、格闘技を習うのはおすすめできるのですが。

 

もし、女性との出会いを作りたくて、習い事を始めるのなら、

女性が多くいる習い事を始めることをおすすめします。

例えば、

  • 音楽
  • ヨガ
  • 料理

なんかが、女性が多い習い事です。

 

音楽は、女性と出会えるし、男も上がる習い事かと思われます。

やっぱり、何かの楽器ができる男はカッコ良いですよね。

出会いを作りやすい音楽教室

出会いを求めて音楽を始めるなら、

EYS音楽教室に入会することをおすすめします。

EYS音楽教室は、

音楽のレッスン以外に、

なんと、

  • 花見
  • 浴衣まつり
  • BBQ
  • Xmasイベント
  • 彼氏・彼女を作るための合コンパーティー

などなど、

とってもとっても彼女が作りやすいイベントが用意されています。

 

出会いを求めて、EYS音楽教室に入会して、

何か楽器を始めてみても良いかもしれませんね。

男性におすすめのモテ楽器は、

サックスかなと思われます。

ピアノは弾けたらカッコ良いですが、

大人から始めるとなると、難しい楽器だからやめとくのが無難と思われます。

楽器がもらえる音楽教室【EYS音楽教室】
▼▼ ▼▼ ▼▼ ▼▼ ▼▼ ▼▼


引きこもり支援施設で出会いを作ろうとするのはやめよう

引きこもり支援施設で、出会いを作ろうとすることは、おすすめしません。

引きこもり支援施設に通う人というのは、

やはり、

  • 働いていない
  • 精神・神経的な病に侵されていて、普通とは違うことを言ったりやったりする

人です。

 

そんな奴らとは、さっさと縁を切るようにしましょう。

冷たいと感じますか?

全く冷たいことではありません。

結婚というのは、最終的に一人の異性を選ぶものです。

他の全ての異性との縁を切り捨てて、たった一人の異性を選ぶのです。

働いていないとか、精神・神経的な病で変なことを言うとか、そんな奴らを大事にしていたら、

素敵な異性との出会いを逃すことになります。

ですから、さっさと縁を切るようにしましょう。

 

引きこもり支援施設という場所は、

どうしても、

引きこもりから脱出できない、怖くて家から出られない人が、数か月間使う場所と考えます。

出会いを作るところだとは考えません。

 

ですから、引きこもり支援施設に通うのは、

最長で6か月までにした方が良いです。

6か月利用したら、

女一人拾って、引きこもり支援施設をおさらばするようにしましょう!(※無理に女一人拾う必要はありませんが。)

 

何年も、引きこもり支援施設に通い続ける人がいますが、

それでは、引きこもり脱出したとは言えません。

引きこもり支援施設に通う=引きこもり脱出ではありません。

 

引きこもり支援施設に通い続けても、自立できるわけではありません。

ですから、

もし、引きこもり支援施設に6か月以上通って、

他の居場所(通信制大学、就職した先の職場など)を作ることができなかったら、

就労移行支援サービスを利用して、就職を目指すと良いです。

就職したら、

「自分はこのような仕事をやっています」

と女性を口説く武器ができて、結婚できる可能性が高くなります。

男を磨こう

ただ、闇雲に女性との出会いを作りにいっても、

振られて終わりになることが考えられます。

男を磨いて、良い女を取りに行くようにしましょう。

男の磨き方は、

  • 良い服を着る
  • 整髪料を付ける
  • 筋肉を付ける

というのが代表的です。

良い服を着る方法のアドバイス

引きこもりの人は、親に服を買ってきてもらう人が多く、

ダサい服・おっさんぽい服を着ている人が多いです。

 

良い服を着る方法のアドバイスとして、

まず、親に自分が着る服を任せないことです。

親が、カッコイイ服を選んで買ってくると思えませんよね?

そこら辺で見つけた安売りの服を買ってきてる可能性が高いです。

ダサい服なのに、「カッコイイでしょ?」とかいって、

ダサい服を着させられる可能性が高いです。

 

じゃあ、自分で服を選べば、カッコ良い恰好ができるでしょうか?

おそらく、ひきこもりで部屋に籠っていた人が、

自分で服を選んで、カッコ良い恰好はできないと思います。

ですから、

カッコ良い恰好を真似る必要があります。

 

ファッション誌のモデルさんのような恰好をすれば、

カッコ良い恰好ができるかと思います。

が、

無理に、カッコつける必要ありません

ガクトさんのような恰好を無理にする必要ありません。

たいした顔をしていないくせに、ガクトさんのような恰好をしてしまうと、

逆に、似合わないと言われてしまうことでしょう。

 

「ダサい」とか「おっさんぽい」とか思われるような恰好をするのではなく、

普通におしゃれと思われる格好をすれば良いのです。

では、普通におしゃれと思われる格好とは、どのような恰好でしょうか。

 

それは、人気のある服を着れば良いと思います。

僕は、アマゾンや楽天で口コミが多く、評価が高い服を買うようにしています。

 

僕は、

古着屋で買った、黒のジーンズ、

例えば、こんなの⇩

アマゾンか楽天で買った、黒のシューズ、

例えば、こんなの⇩

アマゾンか楽天で買った、ネックレス、

実際にアマゾンで買ったのが⇩

これらは、通年で着るようにしています。

 

あとは、

冬は、アマゾンか楽天で買った、

ダウンジャケットとか、温かい靴下とか、ヒートテックのロングTシャツとか、

夏は、アマゾンか楽天で買った、

白っぽいTシャツを着るようにしています。

 

つまり、ほとんどアマゾンか楽天で買っています。

でも、ズボンだけは履いてみないと、丈の長さが分からないので、

アマゾン・楽天などのネットショップで買わずに、お店に行って買うようにしています。

恋愛経験が少ない男女が集まる婚活サービス

引きこもりで、

恋愛経験が少なく、出会いのきっかけすら作れない、奥手男子の方は、

恋愛経験が少ない男女専門の、お見合い・婚活サービス【ピュア婚】

を使ってみてはいかがでしょうか。

恋愛経験が少ない男女が集まる場所ですから、

引きこもりの奥手男子でも、女性を口説きやすいかと思います。

恋愛経験が少ない男女専門!お見合い・婚活サービス【ピュア婚】
▼▼ ▼▼ ▼▼ ▼▼ ▼▼ ▼▼


引きこもり 脱出方法 男性向け まとめ

引きこもり脱出方法(男性向け)の、まとめです。

引きこもり 脱出方法 男性向け
  • 就職して、実家を出て、自立をする。(※精神・神経的な病で、怖くて就職できないと言うなら、就労移行支援サービスを利用すると良い)
  • なるべく、出会いを多く作るようにする。(※内向的な男性が出会いを作るなら、通信制大学がおすすめ!)
  • 良い服を着る・筋トレをするなど、男を磨いて、良い女をゲットできる確率を高める!
  • つまり、自分で自分のことをやるようにして(※住む家や生活費など稼ぐなど含めて)、肉食系男子になれ!ってこと。そして、良い女との結婚を実現させにいこう!
  • 精神・神経的な病で、どうしても、就職活動を行うのが難しいのなら、就労移行支援サービスを利用することをおすすめ!
  • 女性を口説くのが苦手なら、恋愛経験が少ない男女が集まる、お見合い・結婚相談所【ピュア婚】を利用する手がある!

就労移行支援【パーソルチャレンジ・ミラトレ】
▼▼ ▼▼ ▼▼ ▼▼ ▼▼ ▼▼


通信制大学 資料請求!【無料】
▼▼ ▼▼ ▼▼ ▼▼ ▼▼ ▼▼