引きこもり 仕事 バイト 就職

引きこもりでコミュ障の人におすすめの仕事

引きこもりでコミュ障の人に、

  • やめといた方が良い仕事
  • おすすめの仕事

を紹介します。

 

また、

コミュニケーションを使った仕事をしないにしても、

コミュ障は治した方が良い理由と、

仕事を使ってコミュ障を治すべきではない、

といった内容の記事を記述しています。

コミュ障なら、人と会話しない仕事をやれば良い

コミュ障なら、

人とあまり会話することがない仕事をやれば良いです。

例えば、

  • フォークリフト操縦士
  • 仕分け・梱包(倉庫内で軽作業)
  • トラックドライバー
  • データ入力
  • 介護
  • ゲームテスター(デバッグ)
  • プログラマー
  • トレーダー
  • アフィリエイター

といった仕事を選べば良いです。

 

ただ、

上に紹介した、

トレーダーとアフィリエイターといった仕事は、

やれば誰でも稼げるというものではなく、

それ相当の、稼ぐための職能・スキルがないと、

稼ぐことができず、仕事にすることはできません。

 

基本的には、

仕事というのは、自分にできることをやることです。

 

もし、

引きこもっていて、仕事をした経験がなく、

自分にできる仕事がない、あるいは、自分になにができるかわからない、

と思っている人は、

まず、

日雇いの仕事で、仕分け・梱包の、倉庫内での軽作業のお仕事を

やってみると良いと思います。

 

誰かと会話する必要がなく、黙々と作業をすれば良いため、

コミュ障の人でも、できる仕事と考えられるし、

 

引きこもりで、体力に自信がないという人も、

仕分けや梱包なら、それほど、筋力を必要としないから、

問題なく働けるはずです。

女性も、

仕分けや梱包といった、倉庫内の軽作業の仕事は、やる人が多いですからね。

フォークリフト操縦士

フォークリフト操縦士は、

倉庫で、大きくて重たい荷物を運ぶ仕事です。

 

誰かと会話することがほとんどなく、

ある荷物を出して欲しいという指示が出たら、

フォークリフトを使って、その荷物を出せば良いという、

とっても楽な部類に入る仕事かと思われます。

 

フォークリフトの免許を取ることも簡単で、

費用は4万円、

最大35時間の講習を受ければ良いです。

合格率は99%程度となっています。

 

フォークリフト操縦士は、

派遣社員として募集している派遣会社が、たくさんあるし、

正社員として募集している会社も、たくさんあります。

 

引きこもりでコミュ障の人は、

フォークリフトの仕事を始めて見ても、良いかもしれません。

仕分け・梱包(倉庫内で軽作業)

仕分けや梱包を、倉庫で行うという仕事があります。

 

人材派遣会社が、

人材派遣会社に登録した、派遣社員(アルバイトの人)に、

倉庫内の仕分けや梱包の軽作業の仕事を、紹介するという形で、

仕事をもらうのが一般的です。

 

つまり、

仕分けや梱包といった、倉庫内の軽作業の仕事は、

登録制のバイトが多いですので、

長く続けても良いですし、

1日だけやって、やめても良いというもの、

とも言えます。

 

仕事内容的には、

コミュニケーション能力を必要としないですし、

単純作業を、黙々とやり続ければ良いという簡単なものですから、

引きこもりでコミュ障の人は、

とりあえず、やってみたらと良いと思われる、

おすすめの仕事です。

トラックドライバー

トラックドライバーは、

コミュニケーション能力は、ほとんど要らない、という意味では、

コミュ障の人でも、できる仕事かと思われます。

 

ただ、

多少、荷物を運ぶ必要があるでしょうから、

引きこもりで、筋力が衰えている人には、

キツイところがあるかもしれないですし、

 

事故を起こすと、人の命を奪いかねない、

とっても、とっても、責任のある仕事と言えます。

データ入力

データ入力の仕事は、

パソコンにデータを入力していく仕事です。

 

例えば、

領収書の内容を

パソコンに入力するという仕事なら、

タイピング速度さえあれば、

コミュ障の人でも、できる仕事かと思われます。

 

ですが、

電話でお客様に質問して、

その回答を、

パソコンに入力するという仕事も、

データ入力の仕事には多く、

電話でお客様と会話しないといけないのは、

コミュ障の人には、難しいところがあると思います。

 

コミュ障の人には、

電話なしの、データ入力のお仕事をおすすめします。

介護

介護の仕事は、

自分で体を動かすのが、困難な高齢の方がお客様となるので、

あまり、

コミュニケーション能力が低い、コミュ障の人でも、

仕事ができると思います。

 

対人恐怖を感じる人も、

相手が、お年寄りの方なら、

あまり、恐怖を感じずにすむと思います。

 

不安とか恐怖を感じて、仕事ができないという人は、

介護の仕事をやってみると良いかもしれません。

ゲームテスター(デバッグ)

ゲームテスターのお仕事は、

発売前の新作ゲームを、実際にプレイし、バグを見つけて報告するというお仕事です。

バグの報告は、

言葉を使って、会話で行うのではなく、

パソコンを使って、文字で報告するため、

コミュ障の人でも、できる仕事と考えます。

引きこもって、ゲームばかりやっている人には、天職ともいえる仕事かと思われます。

 

デジタルハーツという会社が、デバッグ会社では有名です。

デジタルハーツでは、

社会復帰させるという意味で、引きこもりの人を積極採用しています。

 

また、

デジタルハーツでは、

引きこもりの人に、無理に働かせないという意味で、

大抵、ゲームテスターのお仕事は、平日毎日仕事があるものですが、

週2日からでも良いとしています。

 

デジタルハーツでは、ホームページで、ゲームテスターのアルバイトを、募集しています。

興味があったら、応募してみてはいかがでしょうか。

 

ゲーム以外にも、

パチンコやパチスロのデバッグを行っている会社もあります。

ゲームのデバッグと比べると、

パチンコやパチスロのデバッグは、かなり易しいです。

パチンコやパチスロをやっていれば良いという仕事で、

ゲームと比べると、バグはほとんど出ません。

 

アルバイト情報のサイトで、「デバッグ」で検索すると、

パチンコ・パチスロのデバッグを、募集している会社が見つかるかもしれません。

プログラマー

プログラマーは、

パソコンに向かって、ゲームなどの、プログラミングをする仕事です。

 

先ほどの、

ゲームテスターの仕事が、バグを見つけて報告する仕事なら、

プログラマーの仕事は、報告を受けたバグを修正するという仕事になります。

 

ゲーム以外にも、

FXのシステムトレードをプログラミングする仕事もあります。

 

ただ、

独学でプログラミングを学んで、仕事にするとなると、相当大変です。

 

プログラマーになりたければ、

学校に通う必要があるかと思われます。

トレーダー

トレーダーは、

  • 株式投資
  • FX
  • バイナリーオプション
  • 原油や金などの先物取引
  • 仮想通貨(ビットコインなど)

などをトレードして、利益を出していくという、お仕事になります。

 

一人で部屋にこもって、

パソコンに向かって、取引する仕事ですので、

コミュ障の人でも、できる仕事ではありますし、

引きこもりの人に、向いている仕事とも言えます。

 

ただ、負けるとお金を損してしまうので、

仕事としてやっていくためには、

安定して勝ち続ける、手法を身に付ける必要があります。

 

もし、

安定して勝ち続けられる手法を見つけて、

毎月、毎月、利益を出し続けることができるのなら、

それは、

トレードで稼げる職能があると言えるので、

トレーダーであることに、プライドを持って、仕事をしていくことができるはずです。

アフィリエイター

アフィリエイトは、

自分のホームページやブログに、広告を貼り付けて、

その広告を誰かがクリックして、

広告主のサイトで、

  • 商品が売れたり
  • 会員登録されたり

することで、報酬が貰えるというものです。

 

例えば、

自分のホームページやブログに、

ライザップの広告を貼り付けておいて、

Aさんが、

ライザップの広告をクリックし、

Aさんが、ライザップに入会すると、

ライザップから、自分に報酬が与えられるというものです。

 

トレーダーと比べると、

金銭的リスクがないというメリットはあります。

 

ただ、

アフィリエイトで稼げている人は、少なく、

月収5,000円以下という人が、6割ほどと言われています。

 

とは言え、

アフィリエイトで、月50万円以上稼ぐ人も、

10%弱ほどいます。

 

アフィリエイトで稼ぐためには、

本気になって、アフィリエイトの作業を、

毎日、数か月も数年間も、やり続けることです。

初心者でも簡単!アフィリエイトの始め方!すぐ稼ぐ方法!アフィリエイトの始め方を、初心者向けに解説します。また、すぐ稼げる、セルフバックについても説明します。...

コミュ障は、接客・営業・テレアポは避けるべき

コミュ障の人が、

無理に、

  • レジなどの接客
  • 営業
  • テレアポ

の仕事をするのは、良くないです。

 

よく、

コミュニケーションを取るのが苦手で、

それを治したいから、という理由で、接客の仕事を選ぶ人がいます。

 

この、

自分が苦手だから、それを克服するために、苦手な仕事をやるというのは、

間違った考えです。

 

仕事というのは、

自分が得意なことをやって、

世のため人のために、貢献するべきものです。

 

自分が苦手なものを克服するために仕事をやるだと、

それは、

世のため人のためではなく、自分のために仕事をやることになってしまいます。

 

仕事というのは、

「やりたいこと」ではなく、「できること」を、

やるべきなのです。

 

ですから、

コミュ障の人が、

コミュニケーションを取らねばならない、

接客・営業・テレアポの仕事をやることは、おすすめしません。

コミュ障を治したいなら

コミュ障を治したいのなら、

  • 精神科医のカウンセリングを受ける
  • カウンセラーのカウンセリングを受ける

これを続けることです。

カウンセラーよりも、精神科医の方が信頼できます。

 

ただ、

あまりに人気がある精神科医は、

一人当たりのカウンセリングの時間が短くなってしまう傾向があるし、

 

腕のなく人気のない精神科医だと、

そこら辺のカウンセラーの方が良い、ということも考えられます。

 

ちゃんと、

診察時間を長めにとってくれて、

かつ、

人気のある精神科の先生を選ぶと良いです。

 

グーグルの口コミを見て、

点数が高い、精神科の先生を選ぶと良いかもしれません。

 

また、

親がコミュ障だと、子供にコミュ障が移る可能性があります。

 

なるべく、

仕事して、独り暮らしするようにした方が良いかもしれません。

 

さらに、

  • サークル
  • 団体旅行
  • 飲み会

などに、どんどん参加して、

コミュニケーション能力が高い人と一緒にいるようにすると良いです。

 

コミュニケーション能力高い人は、

一緒にいて楽しいですし、

コミュ障の人ですら、喋らさせてしまう能力なんかもあります。

 

そのような、

コミュニケーション能力が高くて、一緒にいて楽しい人に、出会って、

なるべく、そのような人と一緒にいれるようにすると良いです。

 

そうすれば、

コミュ障なんか、どんどん良くなっていきます。

 

この、

コミュニケーション能力が高くて、一緒にいて楽しい人と、なるべく一緒にいることが、

  • 精神科医のカウンセリングを受ける
  • カウンセラーのカウンセリングを受ける

ことよりも、

ずっとずっと、コミュ障を治るのが早いと、考えます。

 

コミュ障を治したければ、

引きこもるな! コミュニケーション能力が高くて、一緒にいて楽しい人に出会いに行け!

ということです。

コミュ障は治した方が良い!

コミュ障は、治した方が良いです。

それは、

コミュニケーション能力が必要な仕事ができるようになる・・・

といった理由ではありません。

 

やっぱり、

恋愛において不利になるからです。

 

とくに、男性は、

自分から女性を口説きに行かないと、

彼女を作れない、結婚できないといったことになります。

 

そして、

お付き合いしてからも、

コミュ障だと、

一緒にいてつまらない人」と思われてしまう可能性が高いです。

 

ですから、

コミュ障の人は、

コミュニケーション能力を必要としない、自分にできる仕事をやれば良いが、

コミュ障のままだと、恋愛や人付き合いにおいて不利になるから、

引きこもらないで、どんどん人に出会って、

コミュニケーション能力高い人と一緒にいるようにすることを、

おすすめします。

引きこもりでコミュ障で働ける自信がないなら・・・

対人恐怖や社会不安などを感じて、

引きこもりでコミュ障のため、働ける自信がないのなら、

就労移行支援サービスを利用すると良いかもしれません。

 

就労移行支援サービスは、

うつ病や発達障害といった、精神・神経の病を患った人の、就職を支援するサービスです。

 

コミュ障で長期間、仕事ができず引きこもりという人も、

就労移行支援サービスを利用することができると思います。

働く未来をあきらめない就労移行支援【パーソルチャレンジ・ミラトレ】
▼▼ ▼▼ ▼▼ ▼▼ ▼▼ ▼▼