人見知り 結婚 婚活 恋愛

人見知りして恋愛できない男の特徴!どうするべきか

女性を人見知りしてしまって、恋愛できない男の特徴と、

女性を人見知りしてしまって、恋愛できない男は、どうするべきかについて説明します。

特徴1. 自立していない

人見知りするということは、

精神的に自立していないことが考えられます。

 

人見知りする男性は、

自分が好きになった女性に対しても、

人見知りしてしまって、

自分から、好きと言えないことが考えられます。

 

これは、

自分が思ったことが、言えなかったり、やれなかったりする証明です。

 

自分が思ったことが、言えなかったり、やれなかったりするというのは、

やはり、

精神的に依存している可能性が高いです。

 

愛の告白を、他人に任せようしたことがある人は、

精神的に依存しているといって、間違いありません。

 

明らかに、

自分のことを他人に任せているのですから。

 

もし、

実家暮らししていて、

親と同居しているのならば、

経済的自立していないのは明らかですし、

精神的にも、自立できていないままかもしれないなと、

考えるようにした方が良いです。

特徴2. 男を磨いて良い女を取りに行っていない

女性を人見知りするといっても、

高齢のおばあちゃんに人見知りするでしょうか?

あるいは、

小さな園児の女の子に人見知りするでしょうか?

おそらく、

しないと思います。

 

人見知りする相手というのは、

恋愛対象になる女性を相手にしたときだと考えられます。

 

普段から、

恋愛対象になる女性に対して、なんの努力をしていないから、

いざ、

恋愛対象になる女性を目の前にすると、

人見知りするのです。

 

恋愛対象になる女性に対して、

普段から

男を磨く努力をしているでしょうか。

 

例えば、

  • 良い服を着る
  • 毎日、整髪料を付ける
  • 筋肉を付ける
  • 日焼けサロンに通う

このような、

男磨きをして、

良い女を取りに行こうとしているでしょうか。

 

してなければ、

するようにしてもらいたいです。

これから出会い女性のため、

カッコいい男であろうとしてほしいです。

 

おそらく、

本気になって女性を取りに行くようにしていたら、

女性に人見知りすることはなくなります。

 

人見知りすることなんか気にしてられないほど、

ガムシャラになって、良い女を取りに行くようにすることが、

女性を目の前にしても、人見知りしなくなる秘訣と考えます。

特徴3. 依存性・回避性 人格障害の可能性

人見知りする人は、

  • 依存性パーソナリティー障害
  • 回避性パーソナリティー障害

の可能性があると、考えられます。

 

親に、否定ばかりされて育った人が、

依存性と回避性のパーソナリティー障害になる可能性が高いです。

 

依存性パーソナリティー障害の場合、

誰かの指示がないと、行動を起こせなかったりします。

ですから、

新しい出会いを作って、

異性と付きあうというのが、難しいです。

 

回避性パーソナリティー障害の場合、

会社から昇進のチャンスを貰っても、自分から拒否してしまったり、

素敵な女性に言い寄られても、自分から拒否してしまったりと、

自分にとって良いことなのに、それを自分から放棄してしまう特徴があります。

いわゆる、「好き避け」ということをやってしまったりします。

ですから、

素敵な女性に言い寄られているのに、

人見知りしてしまうのであれば、

回避性パーソナリティー障害であるかもしれないと、

疑ってみると良いと思われます。

依存性パーソナリティー障害の、詳しい説明

依存性パーソナリティー障害の、詳しい説明です。

(※MSDマニュアル プロフェッショナル版より引用)

依存性パーソナリティ障害患者は自分で自分の面倒をみることができると考えていない。

患者は服従することで他者に自分の世話をしてもらおうとする。

この障害の患者は典型的に、

通常の判断を下す際に大量の安心および助言を必要とする。

患者はしばしば他者、しばしば1人の人間に、

自分の生活の多くの側面について責任を負ってもらう。

例えば,患者は配偶者に依存し、何を着て、

どのような種類の仕事を探し、誰と付き合うべきかを教えてもらう。

このような患者は自分が劣っていると考え、自分の能力を卑下する。

患者はあらゆる批判や否認を自分の無能力の証拠と受け取り、さらに自信を失う。

患者は、支持や承認を失うことを恐れるため、

他者との意見の相違を表明することが困難である。

他者の支援を失うリスクを冒すくらいなら間違っていることがわかっていることに同意する場合もある。

怒りが適切な場合でも、患者は支援を失うことを恐れて友人や同僚に怒りを向けない。

このような患者は自分が1人では何もできないと確信しているため、

新しい課題を始めたり、独立して働いたりすることに困難があり、

責任を負う必要のある課題を避ける。

患者は、常に支援と安心を必要とする無能力な存在として振る舞う。

能力のある人物が患者を監督したり、承認したりして安心した場合、

患者は適切に機能することが多い。

しかしながら、

患者は見捨てられることを恐れてあまりに能力があるようにみられることを望まない。

その結果、患者の経歴が損なわれることがある。

患者は自立した生活を営む技能を学ばない傾向があるため、依存性を永続させる。

このような患者は世話と支援を得るために多大な労力を払う(例,不快な課題をこなす,不当な要望の言いなりになる,身体的,性的,または情緒的虐待に耐える)。

患者は自分で自分の面倒をみることができないと恐れるため、

1人でいることに極度の不快感を感じたり、恐れたりする。

この障害の患者は依存対象のごく少人数の人としか社会的に交流しない傾向がある。

親密な関係が終わると、患者はすぐに代わりとなる人を見つけようとする。

患者には世話をしてもらうのに必死であるため、代わりとなる人を選ぶにあたり、見境がない。

患者は、理由がない場合でも、依存している相手に見捨てられることを恐れている。

回避性パーソナリティー障害の、詳しい説明

回避性パーソナリティー障害の、詳しい説明です。

(※MSDマニュアル プロフェッショナル版より引用)

回避性パーソナリティ障害患者は、自分が批判されたり、拒絶されたりすること、
または他者に気に入られないことを恐れるために、
以下の状況のように、仕事でのものを含む社会的交流を回避する。

・同僚が自分を批判するのではないかと恐れるために,昇進を拒否する。
・会議を避ける。
自分が好かれることを確信できない限り,新しい友人を作ることを回避する

このような患者は、厳格な検証によりそうではないことが証明されるまで、

他者は批判的であり、不満を抱いていると考えている。

このため、この障害の患者は、グループに加わり、親密な人間関係を築く前に、

繰り返し支持され無批判に受容されることにより安心する必要がある。

回避性パーソナリティ障害患者は社会的交流を望んでいるが、

自分の幸福を他者の手に委ねることを恐れている。

このような患者は人との交流を限定するため、比較的孤立する傾向があり、必要な場合に患者が助けを求められる社会的ネットワークをもたない。

このような患者は、他者から批判されたり、拒絶されたりすることを常に考えているため、

なんであれわずかな批判、否認、または嘲笑に対して極めて敏感である。

自分に対する否定的反応の徴候がみられないか警戒している。

患者の緊張した不安そうな様子のために周囲から嘲りやからかいを受けることがあり、

それにより自信の喪失を強めてしまうようである。

自尊心の低さおよび不全感のために患者は社会的状況、特に新しい状況で抑制的となる。

患者は自分が社会的に不器用で、魅力がなく、他の人に劣っていると考えているため、

新しい人との交流が阻害される。

自分が何か言えば、他者はそれが間違っていると言うと考える傾向があるため、

患者は静かで臆病となる傾向があり、姿を消そうとする。

嘲られたり、屈辱を感じたりしないために、自分について語りたがらない。

批判された際に赤くなったり、泣いてしまったりしまいかと心配する。

回避性パーソナリティ障害患者は、同様の理由で個人的リスクを取ったり、

新しい活動に参加したりすることに非常に後向きである。

そのような状況では、患者は回避の言い訳をするために、危険を誇張し、

ささいな症状または他の問題を利用する傾向がある。

患者は安心感と確実性を必要とするため、限定的な生活習慣を好む場合がある。

対処法. 女性に人見知りする男、どうしたらいいか

女性に人見知りする男性は、

どうしたら、人見知りが治っていくでしょうか。

 

ここまで読まれた方なら、お分かりになると思いますが、

精神的自立をする

ことです。

 

自立するためには、

自分のことを自分でやるようにして、

  • 自分が好きになった女性を、自分から好きと言う
  • 自分のことを好きになってくれた女性に、ありがとうと言う
  • 自分のことを好きになってくれた女性のことが好きになったら、自分からも好きと言う
  • 自分のことを好きになってくれた女性のことを好きになれなかったら、自分からその女性を振る

このようなことをやっていく必要があります。

 

自分が好きになった人に、

誰かに愛の告白を任せていては、

いつまでたっても、依存のままですし、

そんな男、フラレて当然と考えます。

 

下の「あわせて読みたい」の記事、

「大人の人見知り 克服方法・治し方!僕の体験談」

には、

精神的自立をし、

女性に人見知りしなくなる方法を詳しく記述しました。

参考になさってみてください。

大人の人見知り 克服方法・治し方!僕の体験談元引きこもりで、対人恐怖症で、人見知りだった僕が、 どのようにして、人見知りを克服・治したのかを紹介します。...

 

人見知りを受け入れて、恋愛をしにいく

人見知りして、恋愛に奥手で、女性と付きあうことが難しい・・・

そんな悩みを抱えているなら、

人見知りを治そうとするのではなく、

敢えて、

人見知りすることを受け入れたまま、

女性との出会いを作りにいってみてはいかがでしょうか。

 

先述した通り、

好きになった女性をガムシャラに取りに行くようにすれば、

人見知りなんか気にならなくなるものです。

 

ですから、

人見知りを治しにいかず、恋愛しにいくと良いと考えます。

 

女性に人見知りしてしまって、

なかなか恋愛できない奥手な男性に、

おすすめの、

婚活・お見合いサービスが、【ピュア婚】です。

 

ピュア婚とは

婚活・お見合いサービスが、【ピュア婚】は、

恋愛経験が少ないか、全くない男女だけを集めた、

婚活・お見合いサービスです。

 

自分のお相手となる女性の方も、

恋愛経験が少ないか、全くない方ですので、

人見知りしてしまう男性の方も、

精神的にリラックスして、あまり人見知りせず、

女性の方とお見合いができるかと思われます。

 

人見知りするのであれば、

気になる女性がいたとしても、

なかなか、声をかけるのが難しいでしょうから、

お見合いサービスを使った方が、彼女を作りやすいと思います。

 

もちろん、

ピュア婚を使ったら、

他の場所で、自由恋愛をしてはいけないというわけではありません。

チャンスを広げるという意味で、

ピュア婚を使ってみてはいかがでしょうか。

 

自分の人生、なるべく良くなるような、選択をしていきましょう!

恋愛経験が少ない男女専門のお見合い・婚活サービス【ピュア婚】
▼▼ ▼▼ ▼▼ ▼▼ ▼▼ ▼▼


大人なのに、人見知りする理由! 体験談大人なのに、人見知りする理由について、 元人見知り、当事者の僕が、説明します。...
人見知りする男性に、おすすめの婚活の方法人見知りする男性に、おすすめの婚活の方法を紹介します。...